So-net無料ブログ作成
検索選択
経営デザイン ブログトップ

「INTER FM 集客会議」を聴いて・・・レジュメを書いてみた。 [経営デザイン]

情報化社会
は、2008年に終わった・・・。
これからは、
知識創造社会
の始まりだ。

その社会は、
ツールを使う人の資質、モラル、考え方に左右される。
例えば、
お客さんと一緒に成長するセールスレター
フィリップ・コトラーの「マーケティング3.0

お客さんの喜ぶことを、プロセスのの段階から一緒に作り上げているか?

そして、
セルフイメージ
自分にうそのない経営を突き詰めているかどうか?



自分自身の素の姿
共感がキーワード
Don't Think, Feel. ブルース・リーの言葉[訳:考えるな、感じるんだ。]
「目の前にいる誰かに、喜ばれることをしましょう。」
誰をHappyにしたい?

本当に人に喜ばれることをできているか?
かつて、ダイレクト・マーケティング(※1)は、
人から奪うマーケティングだった。
(「PASONA(パソナ)の法則 神田昌典」)
しかし、いまは
人から奪うマーケティングの時代ではなくなった。
ところが、現在経済に影響力が大な国、
例えば、中国のマーケティングは、いまだ「奪う」マーケティング。
おそらくそのことに気づいてもいない。
だから今、全能思考に基づいたマーケティングは、
日本人の精神性があればこそ・・・できるはず。

ただここで、落とし穴に注意。
お客さんに、販売・提供する「商品・商材・サービス」などが、あればこそ
マーケティングできるわけで、
自信をもって販売・提供する「商品・商材・サービス」も評価は、お客さん次第。
すべてにおいて、必ずしも、満足(良い)結果が出るわけではない。

今回ゲストの経営コンサルタントの神田昌典さんの話は、短い時間の中、
非常にわかりやすく勉強になりました。
ありがとうございました。

INTER FM 集客会議




セミナーズ


知識創造社会において
おそらく
集客につながるのメディアは YouTube
ソーシャルメディア(※2)は効率の良い集客にはつながらないが、
Twitter と FaceBook 、(Ustream) 
に分解して、内容を
一貫性をもって運営していく。

我が社のコアコンピタンス(※3)はどこに重きをおいているか?
お客様が大事なのか? ←対極的なケースに陥ることが多い→ ビジネスの効率が大事なのか?
このことも経営には大事。


_____________________________________________
参考)

※1
ダイレクトマーケティングとは、ダイレクトメールやWEBサイト、メールマガジンなどを活用し、より直接的に消費者情報を収集する広告戦略のこと。従来のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった特定個人を対象としていないマスマーケティングに対し、特定個人を対象とするダイレクトマーケティングは、より効果的に消費者ニーズを収集し、商品を訴求できると考えられている。多様化・細分化している消費者ニーズに、インターネットを活用することで、コストパフォーマンスの高いマーケティングを行うことができる一方で、収集した個人情報の保護の問題などの対策も必要となる。

※2
ソーシャルメディアとは、ユーザーが情報を発信し、形成していくメディアのこと。個人が発信する情報が不特定多数のユーザーに対して露出され、閲覧したユーザーはレスポンスを返すことができる。ユーザー同士のつながりを促進する様々なしかけが用意されており、互いの関係を視覚的に把握できるのが特徴。
 CGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)とほぼ同義であり、ソーシャルメディアにはブログやSNS、インターネット上でお気に入りを共有する「ソーシャルブックマーク」、ソーシャルニュースサイト、オンライン百科事典、クチコミサイト、FAQサイト、ビデオ投稿共有サイト、掲示板などがある。情報の伝搬力が高いソーシャルメディアは影響力を増しており、ユーザーの滞在時間が長いのも特徴。

※3
コア・コンピタンス(Core competency)とは、ある企業の活動分野において「競合他社を圧倒的に上まわるレベルの能力」「競合他社に真似できない核となる能力」の事を指す。



nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
経営デザイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。