So-net無料ブログ作成

デザインというのは・・・・世界を救えるのか?! [Dezign]

"Design for the Other 90%"のHP の最初に書かれている言葉。


“The majority of the world’s designers focus all their efforts on developing products and services exclusively for the richest 10% of the world’s customers. Nothing less than a revolution in design is needed to reach the other 90%.” 
—Dr. Paul Polak, International Development Enterprises


"世界中のデザイナーの多くは、

世界の10%を占める裕福な人々に向けた

製品開発やサービス提供に注力している。

残りの90%の人々に向けたデザイン革命が必要である。"

 

Design for the Other 90%

Design for the Other 90%

  • 作者: Cynthia E. Smith
  • 出版社/メーカー: Cooper-Hewitt, National Design Museum, Smiths
  • 発売日: 2007/09/30
  • メディア: ペーパーバック
その後の日常で、思うところがあり、友人にメールしたものを
抜粋して、ここに記載いたします。
気持ちばっかり、先走って具体的なことは、何もここでは、出ていませんが・・・
よろしくお願いいたします。
生きのびるためのデザイン

生きのびるためのデザイン

  • 作者: ヴィクター・パパネック
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1974/08/01
  • メディア: 単行本
日本の戦後の平穏な時代が、東日本大震災で、幕を閉じました。
これからは、復興のためのデザインをしなければなりません。
まずは、生活支援をデザインで、解決できないだろうか?
IT(インフォメーション・テクノロジー)を使って、
何かできないだろうか?
このブログでの記事が、直接、被災地支援や復興の手助けには
ならないが・・・・(できたらいいなぁ)。

デザインというのは・・・

かっこいいデザインをするだけではないのです。
きらびやかにしたければ、意味があるきらびやかさを与える。
やみくもに無計画に作業をしてはいけないのです。
何も考えずに、装飾的な派手さを与えるのではなく、
機能的にもライフスタイルにも適した付加価値を、
デザインで、(使う立場の人にわかりやすく)与えるのです。
考え方として、根底に流れるコンセプトは、
無駄をはぶく。
・・・むしろ、難解で混沌としているものを、
いかに、わかりやすく、親しみのあるものにするか・・・。
そぎ落として削っていく、その中で、これ以上は、捨てられない・・・
・・・それらをどうプレゼンテーションするか。
必要最低限の要素を、いかに魅力的に魅せることができるか・・・。
また、生まれ変わらせることができるか・・・。
最小の努力で最大限の効果をあげる。そうすることが省エネにもつながります。
あまり役にたたなかったものでも、デザインで補助して、
役にたつものに生まれ変わるように改革を実行する。
きらびやかにしたければ、意味があるきらびやかさを与えるなど・・・。
ブランド品をまとったセレブが、悪いとは言いません。
それらのデザインは上流階級の方々に特化したデザインなのです。
TPO 、時と場所をわきまえ、ケースバイケースの社会事情に
あわせたデザインによるものなのです。
世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある

  • 作者: シンシア スミス
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
あらためてデザインとは・・・
都会で暮らす人のための洗練されたデザインだけではないのです。
ユニバーサルデザインとも呼ばれる分野では、
未開な場所での生活を、暮らしやすくするための仕組みや考え方を、
デザインを与え、具現化して、ライフスタイルを、つまり生活レベルをあげていく。
問題があるところを、デザインすることで、解決していく・・・。
今まで、到底無理だと思ってきたことを、デザインすることで、可能にしていく・・・。
商業的に成功したいというのならば、差別化して、利益をあげていく・・・。
戦略〜ストラテジーのあるデザインをする・・・。


気持ちばっかり、先走って具体的なことは、何もここでは、出ていませんが・・・
みんなで、ちょっとずつ知恵を出し合って、世界を変えていく・・・・
そんなデザインをしませんか?

おおいに参考になったURL



nice!(48)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 48

コメント 5

pandan

いつも訪問ありがとうございます。
by pandan (2011-04-23 07:29) 

pandan

いつも訪問ありがとうございます。
by pandan (2011-04-28 07:08) 

yajo

pandan 様 はじめ、皆様、
こちらこそ、いつも訪問ありがとうございますぅ。
みなさまの記事の更新のはやさには、脱帽です。
遅筆な私はなかなか記事を更新できません。
みなさまへのプレゼントは、nice! の押し逃げですぅ。
恐縮ですぅ。

by yajo (2011-05-01 08:59) 

pandan

コメントありがとうございました。
自分のペースがありますよね、
マイペースで続けるのが一番良いですよね。
by pandan (2011-05-02 05:55) 

pandan

5月も半ばになりますね〜
いつも訪問ありがとうございます。
by pandan (2011-05-14 07:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。